ビットコイン(bitcoin)に使われている単語の意味は?これだけは知っておきたい用語集 part1

ビットコイン(bitcoin)ってどんなものなの?

怪しげだけど一体どんなものなのか知りたくて調べてみると一体何を言っているのがさっぱりわからない…

そんな単語がたくさん並んでいませんか?

ビットコイン(bitcoin)という暗号通貨が存在しているのはわかっても、難しい言葉だらけで困りますよね。

そこで、今回はビットコイン(bitcoin)に関するページを読んでいると頻繁に出てくる単語をできる限りわかりやすくまとめてみました。

その単語、どういう意味?

ビットコイン(bitcoin)について調べていると色々な単語を目にします。

実際その単語を全て理解することは、プログラムを開発するような知識がある方なら理解できても、専門的な知識のない私たちには分かりづらいものです。

そして実際、ビットコイン(bitcoin)など暗号通貨を購入するといった手続きをしてみると『このことだね!』とわかることもあります。

私も手続きをしてみて初めて分かったということばかりでした。

まずはざっくりこんなことなんだ…という程度で構いませんので、読み進めてください。

【暗号通貨(仮想通貨)… cryptocurrency】

暗号通貨(仮想通貨)=ビットコイン(bitcoin)ではありません。

数多く存在する暗号通貨(仮想通貨)の中の1つがビットコイン(bitcoin)です。

では、ビットコイン(bitcoin)がなぜそんなに有名なのでしょう?

それは、ビットコイン(bitcoin)が暗号通貨(仮想通貨)の中の基軸通貨となっているからです。

世界の基軸通貨は米ドルですよね?

ビットコイン(bitcoin)は暗号通貨(仮想通貨)の中でそういった立ち位置にあるのです。

ではなぜビットコイン(bitcoin)が基軸通貨なのか…?

それは暗号通貨(仮想通貨)の中で1番最初にできて最初に普及していったものだからです。

ビットコイン(bitcoin)の歴史をみていくと、2008年に『ナカモト サトシ』という人物がインターネット上にビットコイン(bitcoin)についての論文を公表したことから始まっています。

この人物に関しては、日本人なのか、外国人なのか、本名なのか、ペンネームなのか…といったことは全く分かっていないそうです。

そしてその『ナカモト サトシ』がビットコイン(bitcoin)の元となるプロトタイプをネット上にあげると世界中のプログラマーやハッカー達が書き換えていくということがおきました。

最初に『ナカモト サトシ』があげたプロトタイプとはそのほとんどが書き換えられたものということです。

ちなみに、今世の中には暗号通貨(仮想通貨)は1200種類以上あると言われています。

そして暗号通貨(仮想通貨)とは、セキュリティ面で暗号技術が使われているP2P型のデジタル通貨、電子マネーのことをさしています。

【採掘/mining】

えっ?!採掘?!と思われると思いますが、この単語、暗号通貨(仮想通貨)、ビットコイン(bitcoin)関係のページには必ずといっていいほど出てきます。

これは、ビットコイン(bitcoin)の入手法としてよく耳にする単語ですね。

え~っ、ビットコイン(bitcoin)が採掘できるなら私も…と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、現在では数十万から数百万円以上かけて専用の採掘機を構築しないと利益がでないそうです。

それほど難しいものであれば、個人で採掘、そして利益をあげるということは無理ですね。

【ブロックチェーン/block chain】

ビットコイン(bitcoin)のブロックチェーンについて説明していきたいと思います。

なぜわざわざ『ビットコイン(bitcoin)のブロックチェーンについて…』と書いたかというと、どのブロックチェーンなのかということを明記しないとわからない場合が出てきたからです。

本題に入りますね。

金融機関を思い浮かべていただくとわかりやすいと思いますが、金融機関は大きなコンピューターシステムによってお金の取引にかかわるデータを管理していますよね。

1つの管理者が取引データを一元的に処理するということから『中央集権型システム』と呼ばれています。

これに対し、取引データの管理者が存在しないのが『ブロックチェーン』です。

つまり、ビットコイン(bitcoin)ネットワーク上に保存・公開されているビットコイン(bitcoin)の取引データのことを『ブロックチェーン』とよんでいます。

ビットコイン(bitcoin)の暗号通貨をどこからどのアドレスへ送ったか…ということが記録されている履歴です。

そして取引のまとまりをブロックと呼び、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存しているので『ブロックチェーン』と呼ばれているのです。

チェーン状に繋げることにより、データを変更したり改ざんしたりするということが不可能になる…追記のみで過去のデータを改ざんするといったことが不可能になるという特徴があるます。

まとめ

いかがでしたか?『ビットコイン(bitcoin)に使われている単語の意味は?これだけは知っておきたい用語集』

今回は『暗号通貨(仮想通貨)』、『採掘』、『ブロックチェーン』についてできる限りわかりやすく説明していきました。

まだまだ意味のわからない単語がたくさんあると思いますので、さらに記事にしていく予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング