ビットコイン(bitcoin)に使われている単語の意味は?これだけは知っておきたい用語集 part2

ビットコイン(bitcoin)について知りたいけど

ビットコイン(bitcoin)について書かれているサイトを読んでもさっぱりわからない…

そんなことってありませんか?

ビットコイン(bitcoin)について詳しく書かれているページを読むと、技術者さん向け、プログラムに詳しい方が読まないとわからない…

そんなページをよく見かけます。

ビットコイン(bitcoin)について知りたいという勉強熱心なあなた。

知れば知るほどその可能性に気付くことがあるでしょう。

そこで今回は『ビットコイン(bitcoin)に使われている単語の意味は?これだけは知っておきたい用語集 part2』としてpart1だけでは伝えきれなかった単語についてできるだけわかりやすくまとめてみました。

その単語、もう少しわかりやすく…

前回は『暗号通貨(仮想通貨)』、『採掘』、『ブロックチェーン』について解説しました。

今回は、『ビットコインアドレス』『ビットコインウォレット』について解説していきます。

【ビットコインアドレス/adress】

えっ?アドレス?と思われた方は多いのではないでしょうか?

ビットコイン(bitcoin)アドレスとは、ビットコイン(bitcoin)を利用する上での『口座番号』のようなものです。

1もしくは3から始まる27~34文字の英数字からできています。

例えば、次のようなものです。

例)18UwLL9Risc3cfPqBUvKmfHmBQ7wMtjvM

このような数列、もしくはQRコードで表示されます。

このあたりは、実際あなたがビットコイン(bitcoin)を始められると、すぐに『あ~っ、このことね』と理解することができるでしょう。

また、アドレスには、『送金』用のアドレスと『受信』用のアドレスとがあります。

送金する場合には、送金するアドレス(宛先)を入力し、送金します。

また、受け取るときは送金してもらいたい相手にご自身の『受信アドレス』を伝えるという作業をします。

そして、ビットコイン(bitcoin)を始められると気づかれると思いますが、受け取り用のアドレスは変わります。

同じウォレットにビットコイン(bitcoin)を送信(送金)しようと思っても、受け取り用のビットコインアドレスが別のアドレスに変わっている場合があります。

これは、プライバシーを守るために付けられた便利機能の1つなので、安心してください。

【ビットコインウォレット/wallet】

これはまさにビットコイン(bitcoin)のお財布です。

ビットコイン(bitcoin)の財布には、大きく分けて3種類あります。

クライアント型
オンライン型
オフライン型

それぞれの特徴は次のようなものがあります。

《クライアント型》

クライアント型と呼ばれるものには2種類あります。

完全型のものと簡易型のもの。

完全型のものについては、ビットコイン(bitcoin)が始まって以来の全取引履歴がダウンロードされます。

こちらは、容量がとても大きいため、ハードディスクに余裕が必要となってきます。

容量がとても大きい、必要とするということは、パソコン版で利用するということになります。

簡易型はブロックチェーンをダウンロードしないので、パソコン版以外にも、スマホ版などがあります。

《オンライン型》

こちらはインターネットブラウザを使用して管理しています。
このオンライン型は、あなたも目にしたことがあるかもしれません。

Blockchain.info』というサイトが最も歴史が古く、また日本語に対応しているという特徴があります。

《オフライン型》

インターネットにつながっていない環境でビットコイン(bitcoin)を保管するウォレットを指します。
それぞれのウォレットには一長一短ありますが、どのウォレットも、セキュリティには気をつけてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?『ビットコイン(bitcoin)に使われている単語の意味は?これだけは知っておきたい用語集 part2』

まだまだよくわからない単語はたくさんあると思います。

今後も引き続き単語について書いていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング