中国の金融業者CreditEase、ブロックチェーンサプライチェーンサービスを開始

中国最大のピアツーピア融資サービスの1つが、エテリアムに基づくプライベートブロックチェーンサービスを開始した。

Sina Techは、今日、中国のYixinとして知られるCreditEaseが自らのコンファレンスでこのサービスの初公開を報じ、プラットフォーム(「BlockWorm」と呼ばれる)がブロックチェーンデータをどのように格納し保護することができるか表示している。

報告書によると、CreditEaseは現在、エンタープライズビジネスのサプライチェーンツールとして、CreditStorageというアプリケーションをテストしようとしている。CreditEaseは、サービスの統合に関する鉄鋼取引プラットフォームと連携して作業するとされる。

2006年に設立された北京に本拠を置く立ち上げ会社は、小規模な借り手とWebプラットフォームを介して貸し手を結ぶマイクロファイナンスサービスを提供している。投資家には、Kleiner Perkins Caufield&Byers、Morgan Stanley、IDG Capitalなどがある。

報告書によれば、同社はCircleの$ 60mシリーズDへCreditEase Fintech Investment Fundを通じて、参加してブロックチェーンの探索を始めた。(Circleは当時、中国の自社子会社であるCircle Chinaを中国に展開しようとしていた)

ブルームバーグのデータによると、CreditEaseは3,200人の裕福なアドバイザーを雇用し、2016年中頃から約150の支店を中国に持っている。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング