ビットコイン(bitcoin)と電子マネー、違いは何?

ビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)と電子マネーの違いってご存知ですか?

あれっ…そう言われてみればどんな違いがあるんだろう…という方も少なくないのではないでしょうか?

えっ?一緒じゃないの?という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

ビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)と電子マネーは、違います。

違うと言われても、両方ともお金じゃないの?

そう思われる方もいらっしゃることでしょう。

でも、とても大きな違いがそこにはあるんですよ。

そこで今回は『ビットコイン(bitcoin)と電子マネー、違いは何?』としてわかりやすくまとめてみました。

ビットコイン(bitcoin)と電子マネーの違いって?

ビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)と電子マネーの大きな違いは、ビットコイン(bitcoin)には発行主体がなく、電子マネーは発行主体が企業であるという違いがあります。

日本円やそれぞれの国の通貨の発行主体は国や中央銀行が発行主体ですね。

ビットコイン(bitcoin)に発行主体がないということは、基本的に外部から、管理や影響がされにくいということです。

逆に影響されるのが、日本円やそれぞれの国の通貨、いわゆる法定通貨は、その国の経済状態や、国の体制に大きく左右されます。

一夜にしてその国の通貨が紙切れと化す…なんてこともありえるわけです。

そして、電子マネーには、発行上限がありません。

ビットコイン(bitcoin)は発行の上限が決められていますよね。

そういったことから、ビットコイン(bitcoin)の価値の源泉は、その希少性にあるといえるのではないでしょうか。

電子マネーはその企業がどれだけ信用できるかということですよね。

これは、法定通貨も同じ。

国の信用が法定通貨の価値の源泉ですね。

信用がなくては、法定通貨をどれだけ持っていても、紙くずとなってしまいます。

このことからも、電子マネーは、お金がカードやスマホなどに電子情報として姿を変えただけですね。

さらに、電子マネーは電子マネーから、現金への払い戻しができません。

ビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)は違いますよね。

お金からビットコイン(bitcoin)へ、ビットコイン(bitcoin)からお金へ換金することができます。

ポイントサービスは違うの?

読み進めていくうちに、あれっ?ポイントサービスは電子マネーと違うの?

と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

今のところ企業のポイントサービスはおまけという位置付けなので、法律で規制されたりということはありません。

しかし、企業のおまけでありながら、限られた範囲ではお金と同様に使うこともできるサービスもあるということから、今は法律で規制されていなくても、いずれ何らかの法律が絡んでくる可能性もありますね。

まとめ

いかがでしたか?『ビットコイン(bitcoin)と電子マネー、違いは何?』

来年春からはビットコイン(bitcoin)の法律も整備されてきます。

色々なものがあふれる世の中ですが、あなたに合ったものを取り入れて快適に過ごしたいですね。

今後もビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)の情報を記事にしてお伝えしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング