エレクトロニクス小売業者ビックカメラ、ビットコインの取り扱いを開始

BitcoinペイメントプロセッサーbitFlyerは、新しいお客がビットコインで商品を購入することができるPOSシステム(POS)をテストするために日本のエレクトロニクス小売業者と提携している。

同社は、カメラ、コンピュータ、食器洗い機などの家電製品を国内の40店舗以上で販売している。
統合の結果、顧客は上限100,000円(約900ドル)までビットコインで購入することができる。

他のBitcoin支払プロセッサーと同様に、bitFlyerによって開発されたPOSシステムは、店舗でデジタル通貨を受け取り、すぐに資金を円に換金する。店舗は、取引に1%のサービス料を請求される。

BitFlyerは、店舗は翌日にはその法定不換ファンドを受け取れるとし、それは、資金調達のために毎日現金流動性を必要とする小規模店にとって有益であると主張している。

この発表は、日本のビットコイン市場が活発になる中で行われ、最近、ビットコインが政府の法的支払い手段として認識されたことを示している。

仲間である日本の決済処理業者で取引所のコインクチェックは、昨日、全国の26万のレンガとモルタル事業にビットコイン受け入れPOSシステムを導入する契約を発表、地元の産業にとって新たな勢いを示すアナウンスだ。

免責事項:CoinDeskはbitFlyerの所有権を持つDigital Currency Groupの子会社である。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング