ファインテック(Fine Tech)でビットコイン(bitcoin)の利用が増える?!

『ファインテック(Fine Tech)』という言葉、最近よく耳にしませんか?

『ファインテック(Fine Tech)』って聞いたことがあるけど、どういう意味なのかよくわからない…

『ファインテック(Fine Tech)』って自分の生活に何か関係があるの?

そんな方は少なくないと思います。

最近よく耳にする『ファインテック(Fine Tech)』はあなたの生活にとても大きく関わってくるだろう技術です。

そこで今回は『ファインテック(Fine Tech)でビットコイン(bitcoin)の利用が増える?!』

としてファインテックとファインテックが普及すると何が変わるのかということについて詳しく調べてみました。

ファインテック(Fine Tech)って一体何?

『ファインテック』実はこの言葉、いわゆる造語です。

造語と言っても、日本で作られた造語ではないので、英語圏でも使えます。

何と何を組み合わせたのか…ということを知れば、だいたいの想像はつきます。

その言葉とは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2語です。

つまり、『金融』『技術』IT技術を使った新しい金融サービスを意味しています。

え~っ、何だか難しそう…と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、具体的な例を挙げると、お分かりいただけると思います。

例えば『Apple Pay』『Andoroid Pay』といったものです。

そしてこのiphoneで『Apple Pay』が使えるようになることによって、Suicaはiphoneで持ち運べるようになりましたね。

テレビのCMでご覧になった方はたくさんいらっしゃると思います。

これってものすごく便利だと思いませんか?

少し前のデータになりますが、H.26年の時点でスマホの国民全体の普及率が64.7%となっています。

もちろん、ファインテック(Fine Tech)の技術はスマホを持っている人だけが受けられる恩恵というわけではありません。

アメリカで最近力を入れて開発されているのが、複数あるクレジットカードやキャッシュカードを1枚のカードにまとめてしまおうという電子カード。

あなたも、クレジットカードやキャッシュカードでお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?

これを1枚のカードにまとめることができたら、便利だと思いませんか?

キャッシュカードにしても、作った口座の数だけキャッシュカードがありますよね。

お給料振り込み用、引き落とし用、学費用…などと分けていたら、かなりの枚数になってしまいますね。

そんな技術が開発されつつあるのです。

ファインテック(Fine Tech)でビットコイン(bitcoin)の利用が増える?

ファインテック(Fine Tech)の技術プラス日本の仮想通貨に対する改正資金決済法が成立することによって、さらに普及するのでは…というのがビットコイン(bitcoin)。

『グローバル化』と言われ続けている日本で、さらにファインテック(Fine Tech)によってビットコイン(bitcoin)が使いやすくなったら、世界中をスマホ1つで決済できる日が来るかもしれません。

どうですか?想像するとワクワクしませんか?

まとめ

いかがでしたか?『ファインテック(Fine Tech)でビットコイン(bitcoin)の利用が増える?!』

ファインテック(Fine Tech)がどんなものなのかお分かりいただけたと思います。

すさまじいスピードで進化していくこの世界。

取り入るかどうかはあなた次第ですが、知っておいて損はないでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング