ビットコイン(bitcoin)が私たちの暮らしの中に?

ビットコイン(bitcoin)、暗号通貨(仮想通貨)って、イマイチ身近に感じることって少なくないですか?

もし、身近に感じられる方がいらっしゃったとしたら、ビットコイン(bitcoin)や、ほかの暗号通貨(仮想通貨)を持っていらっしゃる方かもしれませんね。

ところが、この年末に、ビットコイン(bitcoin)や、暗号通貨(仮想通貨)が更に身近に、暮らしの中にも入り込むのではないかというニュースがありました。

それは、日本人ならほとんどの方がご存知だと思います。

なんと、一般向けに三菱UFJが、暗号通貨(仮想通貨)を発行するというのです!

私たちの暮らしが来年には大きく変化しそうな感じがしてきましたね。

そこで今回は『ビットコイン(bitcoin)が私たちの暮らしの中に?』として、東京三菱UFJの暗号通貨(仮想通貨)はどのようなものなのか、調べてみました。

三菱UFJの発行する暗号通貨(仮想通貨)はどんな特徴があるの?

お金といえばやはり銀行ですよね。

銀行の中でも、三菱UFJはいわゆるメガバンク。

信頼度が高いのも大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

逆にビットコイン(bitcoin)、こちらはマウントゴックス事件もあり、なかなか怪しいというイメージが抜けないのが現状です。

でも、三菱UFJの暗号通貨(仮想通貨)となったらそのイメージはどうでしょう?

かなり安心感がアップしませんか?

そんな三菱UFJが発行する予定の暗号通貨(仮想通貨)は『MUFGコイン』

やはりビットコイン(bitcoin)やその他の暗号通貨(仮想通貨)と同様、送金が早く、手数料も安いという特徴もあります。

それ以外の特徴は、まだ公表されていませんが、1MUFGコイン=1円に固定するということです。

これを聞くと、計算しやすくて、ちょっと使ってみてもいいかな…という気がしてきませんか?

さらに、このMUFGコインは、ポイントとも交換できるということが大きな特徴の1つのようです。

ポイントにも交換できるということは、そのポイントを利用している人達の間でポイントのやりとりも簡単にできるようになるということですね。

いろいろなポイントサービスがあると思いますが、日本でとても多くの加盟店があるTポイントなどと交換できるととても使い勝手がよくなりそうですね。

三菱UFJ以外の暗号通貨(仮想通貨)はあるの?

はい、あります。

それは、みずほフィナンシャル・グループです。

こちらの暗号通貨(仮想通貨)は『1みずほマネー』ということです。

こちらも、大きな目的は送金です。

早くて、安い手数料でやりとりができるということは、嬉しいですよね。

どんな場面で使えるのか、こちらも楽しみですね。

まとめ

いかがでしたか?『ビットコイン(bitcoin)が私たちの暮らしの中に?』

来年には暗号通貨(仮想通貨)が暮らしの中に使い勝手のよいコインとして浸透していきそうな感じがしますね。

残る問題は、セキュリティーでしょうか。

ビットコイン(bitcoin)もその管理はとても重要ですよね。

暗号通貨(仮想通貨)も管理は同じように重要です。

世界中で行われているサイバー攻撃にどのように対応していくのか、この部分は大きな課題といえるでしょう

また新しい情報がありましたら、お伝えしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング