LocalBitcoinsトレーダー送金嫌疑で有罪判決

LocalBitcoinsトレーダー送金嫌疑で有罪判決

先週、ミシガン州地方裁判所は、トレーダーが無免許のマネーサプライ事業を運営することに対して有罪判を下した。

連邦検察当局は、デトロイト在住のSal Mansyが、ビットコインの売買サービスをLocalBitcoinsを通して宣伝し、2013年8月から2015年7月までに2,400,000ドル相当のビジネスを行っていたと主張している。

裁判所の文書によると、覆面捜査官が2014年12月から2015年3月の間にMansyと合計で約6.32BTCの金額 – 当時の価格で合計で1,900ドルをわずかに下回る金額の2つの取引にかかわった。

Mansyは、LocalBitcoinsの2番目のユーザーで、今月無許可のマネー・サービス罪で訴えられている。ミズーリ在住のJason Kleinは覆面捜査官に個別に5回ビットコインを売却したと有罪となった、そしてその1週間前にはRichard Petixニューヨーク、Rochester在住の売人Rochesterも同じ罪をくだされた。

裁判所の文書は、Mansyがデジタル通貨取引所CoinbaseとBitstampを通じてビットコインを購入する方法を詳細に説明しており、後にLocalBitcoinsにデジタル通貨を販売し、彼が運営する会社TV TOYZ(政府の訴訟でも名前を挙げられた)に通じた銀行口座に収入を預けていた。

Coinbaseは、検察の申告よると今年の5月15日から、2014年6月に彼の口座の性質について質問した後、Mansyの口座を閉鎖した。MansyとCoinbaseとBitstampのサポート担当者間のコミュニケーションでは、両方の取引所がMansyのBitcoin購入についてどのように疑問を投げかけ、彼が米国の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)に貨幣送信者として登録してある事を示している。

検察の文書は、Mansyが米国国土安全保障省との話し合いで、送金業務を運営していないと主張していることを示している。

Mansyによると、財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)ウェブサイトの金融サービス業務要件を調べ、彼のビジネスモデルはマネーサービス事業のビジネスモデルには当てはまらないと判断したと、報告書は述べている。

Mansyは、今年後半には刑期が5年、罰金が25万ドルの判決が下される。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング