Bitcoinソーシャルメディア詐欺が増加している

新しいレポートによると、ビットコインの人気と価格の上昇はソーシャルメディアを通じて犯された詐欺の事例を増やしている。

ZeroFOXによってリリースされたこのレポートは、これらの新しいタイプの詐欺を分類し、3月初めにビットコインが1オンスの金を超えた時点のデータを収集した。同社は合計で、3,618ビットコイン詐欺URLを特定したとし、観察期間中に1日当たり平均24回共有された。

この報告では、キュレーションされたビットコイン詐欺URLが合計で1億2,600万回以上共有されていたと主張している。2つの主要な外れ値を除いて、識別された各URLは、作成以来平均5,367回共有されていた。

特定された詐欺のうち、一つ目は犯罪性のあるURLを送信し、二つ目ははフィッシングビットコインプライベートキーを中心とし、三つめは「ビットコインフリッピング詐欺」として知られている、投資家が初期の前払い料金を支払った後、不等に高いリターンを約束をするものだ。

最後の詐欺は、ビットコインピラミッド方式に分類され、低い初期投資を必要とする本質的に高収量投資Ponzi詐欺である。

推奨事項

この報告書にはさらに、ビットコインユーザーのためのいくつかの推奨事項が含まれていまる。

ZeroFOXは、ビットコインを使用しているユーザーに、他者を助けるためにビットコインを掘り起こすのを控えるよう忠告し、クラウドマイニング契約が歴史的にデジタル通貨をプライベートウォレットに入れるだけで得られる利益を下回っていることに気づき注目した。

また、ソーシャルメディアプラットフォーム上で直接メッセージを発信する取引を避けることも推奨している。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング