起業家Vinny Lingham コンセンサス2017でICOを発表

起業家Vinny Lingham、コンセンサス2017でICOを発表

2017年5月23日更新:この記事は、Civicの追加情報と共に更新された。

ブロックチェーンのアイデンティティプラットフォームCivicの最高経営責任者(CEO)は、今週の木曜日トークンを販売を発表する予定。

Civicの創設者でモバイルギフトカードプラットフォームGyftの元CEOであるVinny Lingham氏によると、この発表はCoinDeskの年次総会コンセンサス2017で行われ、トークンがインセンティブを求める新製品を発表する予定だ 。

Civicは、トークンをethereum platform上で販売するためにトークンを発行する予定だが、最終的なトークンはRSKプラットフォーム上で発行される。今週初めにコンセンサス2017で発表されたこのプラットフォームは、ビットコインの上にスマートコントラクトを可能にすることを目指している。(Civicはビットコインブロックチェーンを使ってハッシュを保存しそのID証明サービスに使用する)

Civicトークンは、製品へのアクセスを提供し、トークン所有者がネットワークの取り組みから利益を得ることを可能にする、と彼は述べた。全体的に、Civicは10億ドルの未払いのトークンのうち3億3000万ドルを売り上げることで3300万ドルを調達する予定であり、それはこれまでの最高の収益を上げるトークンセールになるだろう。残りのトークンは、エンタープライズ・パートナーと開発者に割り当てられる。

2016年に設立されたCivicは、昨年、打上げ時に$ 2.75mを調達した。
トークンについて詳述したホワイトペーパーが近々にリリースされる予定だ。

開示:CoinDeskは、Civicが所有権を有するDigital Currency Groupの子会社。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング