ビットコイン(bitcoin)のウォレット デスクトップ、ウェブ、ペーパーそれぞれの特徴は?

ビットコインは専用の財布が必要

ビットコイン(bitcoin)を始めようと思ったら、まず必要となってくるのがウォレット

このビットコイン(bitcoin)ウォレットとは、簡単にいうと、お財布のことです。

ビットコイン(bitcoin)を保管したり、送金したりするときに必ず必要となってくるものなので、まずはここからがスタートです。

ビットコイン(bitcoin)ウォレットには、ビットコイン(bitcoin)の保管方法の違いから大きく分けて3種類あります。

デスクトップウォレット、ウェブウォレット、ペーパーウォレットの3種類。

デスクトップウォレットならやっぱりパソコンのデスクトップ上にあるものでしょ?

ウェブウォレットならインターネット上?

ペーパーウォレットはやっぱり紙でしょ!

ん~っ、イメージとしてはだいたい合っています。

では、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、ペーパーウォレットに分かれているということは、それぞれメリット、デメリットがあるはずです。

そこで今回は『ビットコイン(bitcoin)のウォレット デスクトップ、ウェブ、ペーパーそれぞれの特徴は?』と題して、詳しく調べてみました。

ビットコイン(bitcoin) デスクトップウォレットとは?

デスクトップウォレットの大きな特徴は、自分のPC上にインストールしてビットコイン(bitcoin)を管理するというところにあります。

自分のPC上にインストールするということから想像できるように、かなりのPCのHDD容量が必要となってきます。

そしてデスクトップウォレットはブロックチェーンブロックチェーンをダウンロードするので、初めての起動に数十時間必要とします。

そしてデスクトップウォレットで注意しなければならないのが、PCの故障ウィルス感染です。

セキュリティ面では優れていますが、PCが故障した場合、ビットコイン(bitcoin)が取り出せないといった事態も考えられます。

デスクトップウォレットにもいくつも種類がありますが、公式ソフトはBitcoin Coreというものです。

それぞれ特徴が違いますので、ご自身にあったウォレットを選んでくださいね。

それでも、決められない…という場合には、Electrumが一般的です。

とにかくセキュリティが気になる…という方には、マルチシグネチャアドレスに対応したものがよいでしょう。

ビットコイン(bitcoin) ウェブウォレットとは?

ウェブウォレットの一番の特徴といえば、口座の開設や設定が簡単。

しかもどのPCからでもアクセス可能という点です。

とても便利なのですが、セキュリティをサイト管理者が担っているため、信用できるサイトを選ぶということが重要なポイントとなってきます。

また、ウェブ上ですので、ハッキングされるという危険性もあるので、大量のビットコイン(bitcoin)の保管にはあまり向いていないでしょう。

このウェブウォレットでは、Blockchain.info日本語対応しているという点と、最も歴史があるという点でおすすめです。
ちなみに私は日本語対応がいいな…と思い、こちらを利用しています。

また、セキュリティ面重視ということであれば、マルチシグネチャ型のGreenAdressBitGoといったサイトもあります。

どちらにしても、ウェブウォレットは大量のビットコイン(bitcoin)の保管には向いていません。

このことを頭において、保管方法を分けてもいいでしょう。

ビットコイン(bitcoin) ペーパーウォレットとは?

このペーパーウォレットは、アドレスと秘密鍵を印刷することで保管する方法のことを指します。

ペーパーウォレットの主な目的は、ビットコイン(bitcoin)の長期の保管です。

そして、最も安全な管理方法といえるでしょう。

このペーパーウォレットの作り方は、ペーパーウォレット作成のサービスを提供しているサイトを利用します。

このペーパーウォレット作成で最も有名なサイトはbitadress.orgというサイトです。

まとめ

いかがでしたか?『ビットコイン(bitcoin)のウォレット デスクトップ、ウェブ、ペーパーそれぞれの特徴は?』

それぞれ特徴がありますが、ビットコイン(bitcoin)ウォレットの管理は個人の責任となっていますので、パスワードは必ずバックアップをとるようにしましょう。

また、フィッシングの被害にあわないよう、ビットコイン(bitcoin)からメールが来た…といってむやみにIDやパスワードなどを入れてはいけません。

これは、私が実際、ビットコイン(bitcoin)ではありませんが、ある決済サイトからメールが届いて、危うく被害にあうところだった…ということがありましたので、あなたにはぜひ注意していただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


ランキング